全身 脱毛

脱毛は本当に必要なのか?

戦後以前では無駄毛の処理など女性には無縁の行動でした。
しかし戦後以降、世界でも有数の先進諸国になった日本は国民が豊かになり、物に困らない時代になりました。

 

やがて物と並行して、健康や美容に日本人女性の意識傾き、お金をかけるようになります。
美容化粧品も時代が進むにつれ進化し、美容化粧品が目覚ましく発展しました。

 

美肌意識が高くなるにつれ、肌の見え方にも非常に気を使うようになり、無駄毛という概念が生まれたわけです。
日本人は肌色が黄褐色ですから、産毛の黒色が表面に見えていると非常に浅黒く見えてしまいます。

 

そのような肌の色を美しく見せようと産毛を取り除くようになるのですが、カミソリでは剃り跡が目立ちますし、毛抜きでは、鳥肌のようなボツボツとした汚ない肌に見えてしまいます。

 

その他自己処理グッズとして、産毛を脱色して目立たなくするようのしたり、産毛の成分に反応させて溶かせてしまういうな脱毛クリームのような商品も誕生します。

 

また脱毛テープもあり、簡単に言えばガムテープのような粘着性のあるテープで産毛をむしり取るような処理方法も存在します。

 

しかしこれらでの自己処理では、また数日経つと毛が再生してしまうので繰り返し同じ処理が必要になります。

 

これらに面倒な行動を一切省いてしまえるような処理方法が開発されました。
それが脱毛エステサロン店の誕生です。

 

脱毛サロンの誕生により、日本人女性の美意識は格段に高くなりました。
脇、腕、足、背中、陰部、体全身の無駄毛という無駄毛を取り除くことによって日本人特有の美しい肌色を表現できるようになりました。

 

また夏シーズンの水着を着る時のビキニラインなど言葉自体が定着するようになり、現代の女性の中では脱毛という言葉を知らない人はいないと思います。

ひと昔前までは“永久脱毛”と聞くと構えてしまう感じでしたが、近年では数多くの脱毛サロンが競争になるほどサロンも多くなり、ずいぶんと身近なものに感じられるようになりましたよね☆

 

現在の脱毛サロンで多く取り扱われている主な脱毛方法は“光脱毛(フラッシュ脱毛)”ですよね。
光脱毛は、針脱毛(ニードル脱毛)などと違って強い痛みを感じずに施術を受けることができるので、毛深い方や剛毛な方、ムダ毛に悩んでいらっしゃる多くの方々が、安心で気軽に脱毛施術を受けてることができるようになりました☆

 

そこで一つ気にかけてもらいたいことがあります。
それは“保湿ケア”です。
ここだけは気軽にならないでもらいたいところです(OvO)

 

脱毛施術を受けた後のお肌は、どんなに皮膚が丈夫だという方でもとってもデリケートな状態になっています。表面的にはツルンとした綺麗なお肌に見えても、脱毛施術を行うことで、お肌の内部はすっかり水分不足になっているので、しっかりと丁寧に保湿をしてあげましょう!

 

乾燥はお肌にとって最大の的と呼んでも過言ではないくらいです。
乾燥は、肌荒れや痒み、シミやシワの原因にさえなり得てしまうんです。
アフターケアを怠ってしまったがゆえに「こんなはずじゃなかったのに...T_T」なんて結果を生んでしまえば本末転倒ですよね。。。「どんどんキレイになぁれ☆」と思いを込めながら、優しく丁寧に丁寧に保湿してください^_^☆
もちろん総合的に考えれば脱毛サロンで脱毛オススメします。
脱毛方法や脱毛箇所、また脱毛サロンによっても少しずつアフターケアの方法が違ったりもします。
脱毛施術を受けた後に、自宅でのケア方法を教えてくださるので、そこで推進された方法に沿ってしっかりと実行しましょう!

 

永久脱毛は、サロンで受ける施術とサロンで受けるアフターケアでお終いではありません。自宅でのケアもしっかりと出来てはじめて成立するものです。
“施術直後の1週間だけ”などではなく、脱毛施術が完了するまでケアを怠らないようにしてください。脱毛施術中の保湿ケアは、施術後の鎮静化を目的としたものだけでなく、しっかりと保湿の行き届いた水分量の安定しているお肌は脱毛効果が高まるんです☆
永久脱毛と保湿がセットなこと、忘れないでくださいね♪^_^♪

続きを読む≫ 2014/09/24 08:42:24

スキンケアの方法?ホルモンバランスの崩れ?過激なダイエット?栄養不足?......ニキビ跡治す方法に悩む方々のそのニキビの要因は様々だけど......もしかしたら良かれと思ってしている念入りなお手入れも実は間違いなのかもしれません。これから挙げていく項目は“ニキビ肌の方がしてはいけないお手入れ方法”です。各項目を見て、当てはまってしまうことがあった場合は今日から軌道修正しましょう!!!
そしてどんどんお肌の調子が良くなりますように(^_?)?☆

 

・ メイクを落とさずに眠ってしまうことがある。
・ メイクをしているのにクレンジング剤を使用していない。
・ 拭き取り式のクレンジング剤を使用している。
・ クレンジング剤はオイルクレンジングや油性ジェルクレンジングを使用している。
・ クレンジングは長い時間をかけて入念に行っている。

 

・ お肌に優しい弱酸性の洗顔フォームを使用している。
・ シャワーから流れ出るお湯を直接顔に当てて洗い流している。
・ お肌がキュキュッとするくらいまで入念にすすぎ洗いをしている。
・ 洗顔フォームを泡立てずに手の平で擦り合わせて原液のような状態で洗っている。
・ お肌のザラつきが無くなるまで入念に擦り洗いしている。
・ 洗顔をしてから髪の毛を洗っている。
・ 化粧水はお肌のベタつきを避けるために少量の使用にしている。
・ 保湿剤の多く含まれている化粧水を使用している。

続きを読む≫ 2014/09/13 19:07:13

家庭用脱毛機の普及により、より脱毛は馴染み深いものとなりました。
専門店に比べ、脱毛効果は低いといえど、自分の時間の都合が良い時のみ脱毛できるという利点があります。

 

脱毛専門店では知識豊富なスタッフが効率よく、また無駄毛の再生率が低い脱毛処理を行ってくれるので、より効果的と呼べます。

 

脱毛の仕組みの種類は主に、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛があるますが、どの種別にも一長一短あります。

 

レーザーは脱毛効果が高いと言われていますが、脱毛処理時には痛みが強く感じ、中には耐えられないとの声も聞きます。

 

光脱毛は、レーザー脱毛に比べ効果は低いですが、痛みを感じにくいです。効果がやや低い分、回数を通って脱毛の効果を高めます。

 

ニードルでは無駄毛処理を1本1本行うので、時間がかかるという難点があります。

 

自分にあった脱毛種別を見分け、目的を達成できるようにすることが良いと思います。

 

近年の日本女性は脱毛が当たり前になってきたのですが、世界全体を見渡せば、まだまだ普及していない国々が多く存在し、普及とともに今後も様々な脱毛が開発されていくでしょう。楽しみですね!

続きを読む≫ 2014/08/04 11:10:04